おせっかいなまちゃんの四方山噺

アクセスカウンタ

zoom RSS 復興に向けて

<<   作成日時 : 2011/03/28 15:59   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 10

混乱   の続き・・・・


 3月14日 震災4日目の夜が明けた。






月曜日なので、今日から経済活動も盛んになるだろう。

今日もダーリンは会社へ。

震災後一日も休まず
ずっと本社との調整に神経を使っているダーリン。


依然電車の復旧の見込みはない。

会社の営業車を借りているダーリンは
混乱を避けて朝6時に家を出る。






8時過ぎにお姉ちゃんと外に出た。

裏の整形外科病院には
患者さんがリハビリに来ていた。

交差点のところにある眼科では
お薬のみ対応。

看護士さんや事務の方が
白内障や緑内障の患者さんに応対しながら
散らかったカルテの整理をしていた。

花粉症の薬が切れかけていたのを思い出し
お薬をもらう。





農家の方が野菜をたくさん積んで
我が家の前の農協の直売所に来ていた。

お店の中には


         ほうれん草・かき菜・胡瓜・トマト・・・・


震災前の入荷量には到底追いつかないが
近所の人が1日食べるには十分な量。

大地が反乱を起こしても
農家の人々は
粛々と日常を送る。



       種を撒けば芽が出る。

       実がなれば収穫する。




当たり前のことを当たり前として受け止める。
時代が変わっても
変わらない農家の人々の生活。









駅前に行ってみる。

駅前のケーキ屋が営業していた。

ショーウインドウに並んでいるのは
ショートケーキとシュークリームのみだが

50円引きで販売していた。


「やっぱり、こんな時には甘いものよねぇ〜」


と、訳の分からない理屈でショートケーキ購入 

お店の隅では卵と牛乳を売っていた。

「もとはケーキの材料だったんだけど、地域の皆さんが困っているなら
売ってしまおう・・・て社長が・・・」




        ケーキ屋の社長さんの太っ腹に感謝 






ケーキ屋の裏の八百屋さんのシャッターが開いているのが見えて
行ってみる。




お店の軒先に山積みされたおにぎり     


揚げたてのフライも置いてあった。


「震災直後からずっとお店開けておにぎりや乾電池売ってたんだよ」

店番のおばあちゃんがケラケラと笑う。


「・・でも、みんなスーパーやホームセンター行っちゃって

家にはまだ乾電池が、・・・ほら、こんなにたくさん!」





私も震災の翌日ホームセンターで2時間並んだけど
乾電池買えなかった 




改めて、地元のたくましさを思い知った。











3月16日に水道が復旧した。



翌、3月17日には
ガソリンを入れるのに8時間並んだ。

1日潰れたが、電車の復旧の見込みが立たない現在
ガソリンは必需品。


この日、震災後初めて自分の布団で寝た。

ずっと興奮状態だった体が スーっと楽になった。





 3月19日 常磐自動車道の三郷〜水戸間 が再開


これに伴い、民間のバス会社が高速バスを東京まで運行。







 3月22日 ゆうパック再開











3月23日 には、崩壊が激しく再開が危ぶまれていた

地元のショッピングセンターが営業再開 










3月26日 点検&補修のため閉館していた図書館が開館


震災後ストップしていた音訳のボランティアも程なく再開するだろう。

災害弱者の(視覚)障害者にも、支援の手が差し伸べられることになるといい。

1日も早く図書館の録音室で、ボランティア仲間と再会し

視覚障害者の方々に情報を伝えたい。





道路の陥没・隆起箇所の修理も急ピッチで進んでいる。





相変わらずテレビでは悲惨な避難所の状態を放送している。

原発から漏れ出た放射能が農産物や水道水まで汚染しているという。

通勤困難者の問題。

買占めに走る人々。





      世の中総パニック状態




連日実家の母から電話で聞かされる都会の様子。

母も夜が怖くて眠れないという。


犬の蓮は震災後ずっと神経性の下痢が続いている。
余震のたびに腰が抜ける。
夜鳴きがひどく、
毎晩、突然悲鳴のような声で鳴き出す。


バイトのケンタッ○ーの再開もまだだ。

ずっと家にいると、目に見えない何物かに押し潰されそうになる。

使命を負って働いているダーリンが羨ましくなる。


街は、国は、復興に向けて確実に一歩を踏み出している。







   頑 張 れ ニ ッ ポ ン !




声高に叫んでみても私は家の中でただじっとしているだけ。



          何をしている なま!



突然襲ってくる衝動に叫びだしたくなる。



先の見えない不安が私をそうさせるのだろう。









   末娘たちを疎開させたとき

   なぜ私も実家に残らなかったのだろう?






何度も自分に問いかけた。


実際、父や母に強く引き留められた。

ダーリンからも実家に残るように指示された。



でも・・・・・・


なぜだろう?


あの時、私の帰るところは

この家だと強く思った。

この家に留まるべきだと。


たとえ電気がなくても、水がなくても


私はこの場所で家族の帰りを待つべきだと



あの時 は思った。



その判断が正しかったのか

わからない。



今の私に言えるのは






  この街にいて、街の復興を見ていると

  人間の強さ・優しさをじかに感じることができる。


  非・被災地にいて不安な日々を過ごしている母よりも
  
  明日を信じることができる。













                         ・・・・終わり・・・・3/28












画像

                         再開したスーパーの天井  (4/4現在)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
混乱
疎開  の続き・・・ ...続きを見る
おせっかいなまちゃんの四方山噺
2011/03/28 16:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
津波と原発問題がなかったら、どんなにか早い復興をとげたことでしょう。悔しいね、原発は人災だよね。街は確実に前へすすんでるなぁ〜。長期戦。なまちゃんも身体は大事にするんだよ(^^)v
みどすけ
2011/03/29 01:02
なま〜!!!!!!!! 
なまは本当に強いと思う!!!!

自分のことばかり考えていた自分が本当に恥ずかしくなってきたよ。
それから、毎日きちんと通勤してどんどん町や市を建て直して復興に関わっている日本人にも頭が上がらない!

なまの記事はいつも読んでいるけれど、コメント残さないでごめんね。
心の底から応援してます。
早く安心して眠れる夜がきますように。
エミオン
2011/03/29 01:51
みどすけちゃん>
18年前、お兄ちゃんはいわき市で生まれました。
毎週のように小名浜の魚市場まで買い物に行き
夏には四倉海岸で遊びました。
楢葉の温泉に入って
相馬の原発の側の公園で遊びました。
あの街は、人々は、
今どんな気持ちでどこにいるのでしょう?
仲良しだったママ友は
どんな気持ちでいるのでしょう?
彼女たちのことを考えると
悔しくてたまりません。
なま
2011/03/29 19:44
エミオンちゃん>
震災後初めて布団で寝た
17日からは
「体力蓄えなくっちゃね〜〜〜♪」
と、毎日寝呆けています。
バイトもないし、テレビは見る気がしないし
家事は嫌いだし(笑!)
復興の為に頑張っている方々には
頭が上がりません・・・・。
なま
2011/03/29 19:50
被災地から離れているとテレビとかの情報ばかりなので、かえって不安ばかりが募るのよね。それに、あの被害をテレビで見ちゃうと、大したことができない自分に無力感を感じるし。
でも、実際にその場にいる人たちは本当に皆さん頑張っていますよね。
必ず元の生活を取り戻そうと一生懸命だし、なまさんのブログを読むと本当にそれがよく分かります。
毎日出勤していくご主人や就職したばかりの娘さんにとってはなまさんが家にいてくれるのはとても心強いと思いますよ。
元気ななまさんがなま家の復興を支えているのよ〜ひとつひとつの家庭の復興が街の、市の、県の、そして日本の復興につながっていくのだと思うから、しっかり元気を蓄えて1日も早く元の生活ができますように〜☆
くま
2011/04/02 17:28
くまさん>
ありがと〜
私が家にいても、できることなんて何もないんだけど
少しずつ復興していく街をみていると
元気になれます。
でも、元気を蓄えすぎてだいぶ体が大きくなっちゃいました
なま
2011/04/02 19:48
おはよう^^
なまちゃんの記事を読んでるとなんか逞しいんだよね。
考えさせられる事も一杯。
でもどこか安心感もある。
お仕事、続けてたのね。
あの仕事は(接客)はなまちゃんに向いているかも。
私も震災ストレス受けたけど、今は大丈夫だと思う。
お陰で色んな方とお話できた。
私も明日を信じよう!
気持玉ありがとうねw
               betty^^♪
betty
2011/04/03 06:34
bettyちゃん>
おはよー
bettyちゃん最近元気なかったから
どうしたのかな・・・って思ってたの
震災のニュースはあまりにも衝撃的で
先が見えなくて。
それに、なんだか自粛しないと
『非国民』みたいな気がしちゃって
ニュースで受けたストレスを発散することを躊躇しちゃう雰囲気だよね。
でも、今回のことで(震災)
『人間って強い』ってこと、再認識できた
明日を信じて、上を向いて歩こう
なま
2011/04/03 09:41
今日やっと、なまちゃんにメール出す決心が付いて速攻返事がもらえて皆無事だった事を知りホッとしたぞぉ!!

絶対に直後等はメールはしちゃいけないって思ってたから・・・きっとてんやわんやだろうと想像出来てたし;;テレビ見てると被災地の大変な状況はわかる。

何も手伝いに出掛ける事の出来ない間は待つしかないって思ってたぁ。。。

とにかく無事で良かった^〜^
めぐみより
2011/04/05 12:43
めぐみさん>
メールありがと
今日やっとショッピングセンターの水道の復旧工事が終わって
バイトのケン○ッキーのお掃除ができました
ぜ〜〜〜んぶ洗って消毒して
明日からお店再開です
やっぱり、やるべきお仕事があるってのはイイね。
仕事場が壊れたり流されちゃったりして
仕事がなくなっちゃった方々も
早くお仕事が見つかりますように
なま
2011/04/05 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
マクロミルへ登録
復興に向けて おせっかいなまちゃんの四方山噺/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる